トップ > 紫外線対策 > 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

女性にとって、気になるのはやはり紫外線…でも春になって温かくなってくると、外に出かけてみたくなりますよね。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のことをここで学んで、しっかりと紫外線対策をしておくことが、美肌のために必須です。

外に出る時は日傘や帽子などを使うこと、また出かけなくても、日焼け止めクリームを塗ることは対策方法として欠かせないですね。
日焼け止めクリームには、色々な表示があるのでどれを選んだらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤というものが、日焼け止めクリームに使われている成分です。

文字通りですが、紫外線吸収剤の成分は、紫外線を吸収して、熱エネルギーに変えてしまう働きがあります。
紫外線B波を吸収するオキシベンソンや、紫外線A波を吸収するメキゾリルが主に挙げられます。

人によっては肌に塗るとぴりぴりした感じがするのは、これらが化合物だからです。
避けた方が、お肌の弱い人には無難かもしれませんね。

また、使用する回数が多いと、もともとお肌が持っている基礎力を失ってしまう場合があります。
長い時間の使用は、健康なお肌の人でも負担になりますので、使う時は十分に注意しましょうね。

紫外線をはねかえす働きのある成分が紫外線散乱剤です。
酸化亜鉛や酸化チタンやカオリン、タルクなどがあります。
これらの成分は、肌に優しくて刺激の少ない成分です。
PA、SPFが低い日焼け止めによく使われています。

日常生活のちょっとした散歩などでは、こちらの成分が配合されている方を使いましょう。
表示は「ノンケミカル」ですよ。

このページのカテゴリーは「紫外線対策」です。
紫外線は日焼けになるだけではなく、シミやソバカスの原因にもなる、美肌に大敵の存在です。
日差しの強い季節には紫外線対策が欠かせません。
美肌には紫外線をシャットアウトするのが一番です。
関連ページ

紫外線について知っておこう

寒い冬が過ぎ去って温かい春が来るのはうれしいことですが、だんだんと紫外線も気になってきますよね。 紫...

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

女性にとって、気になるのはやはり紫外線…でも春になって温かくなってくると、外に出かけてみたくなります...

日焼け止めで紫外線対策をしよう(1)

紫外線は、お肌の天敵。 3月頃から紫外線は徐々に増え始めます。 美肌作りに努めるには、まず冬の乾燥時...

日焼け止めで紫外線対策をしよう(2)

日焼け止めクリームは、紫外線の対策方法を考えた時に欠かせませんね。 時と場所に応じて自分に合った日焼...