トップ > 紫外線対策 > 日焼け止めで紫外線対策をしよう(2)

日焼け止めで紫外線対策をしよう(2)

日焼け止めクリームは、紫外線の対策方法を考えた時に欠かせませんね。
時と場所に応じて自分に合った日焼け止めクリームを、美肌のために使い分けるようにしましょう。

PA値とSPF値が日焼け止めクリームのパッケージには表示されていますね。
ゆっくり肌に浸透していき、コラーゲンを破壊する紫外線B波を、どの程度カットできるかを表したものがSPF値です。

SPF10と表示されているものは、例えば何も塗らない状態だと10分で日焼けするところを、10倍の100分かけて日焼けする、という意味です。
SPF50が現在の最高値として設定されています。

肌を黒くする紫外線A波をどの程度カットできるかを表したものが、PA値です。
+、++、+++の3段階でPAは示されています。
日焼けをおこすまでの時間が2~3倍になる+、4~8倍になる++、そして8倍以上になるのが+++です。

高くなるほど紫外線防止効果が高いPA値、SPF値ですが、散乱剤や紫外線吸収剤を多く含んでいる日焼け止めクリームは、お肌に負担がかかってしまいます。
外で活動する時(スポーツやゴルフなど)は、PA値は++程度、SPF値が30程度のものがおすすめです。
1時間程度の外出や日常生活なら、PA+程度、SPF20以下でも十分です。

PA値やSPF値の高いクリーム選ぶよりもこまめに塗りなおす方が、紫外線防止効果を発揮しますよ。

紫外線防止効果のあるファンデーションなどの化粧品が最近では多くありますね。
SPF値のちがうものを重ねる場合には、SPF値の足し算で防止効果が高まるわけではありません。
効果は、高い方の値よりほんの少し効果が高まる程度だそうですよ。

また、先に値の高い方を塗った方が効果的です。
効果的に紫外線を防止できて、お肌に負担が少ない方法を考えてつけるようにしましょう!

このページのカテゴリーは「紫外線対策」です。
紫外線は日焼けになるだけではなく、シミやソバカスの原因にもなる、美肌に大敵の存在です。
日差しの強い季節には紫外線対策が欠かせません。
美肌には紫外線をシャットアウトするのが一番です。
関連ページ

紫外線について知っておこう

寒い冬が過ぎ去って温かい春が来るのはうれしいことですが、だんだんと紫外線も気になってきますよね。 紫...

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

女性にとって、気になるのはやはり紫外線…でも春になって温かくなってくると、外に出かけてみたくなります...

日焼け止めで紫外線対策をしよう(1)

紫外線は、お肌の天敵。 3月頃から紫外線は徐々に増え始めます。 美肌作りに努めるには、まず冬の乾燥時...

日焼け止めで紫外線対策をしよう(2)

日焼け止めクリームは、紫外線の対策方法を考えた時に欠かせませんね。 時と場所に応じて自分に合った日焼...